2015-02- / 01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-

2015.02.28 (Sat)

直江津駅 ~北信越3セク移管前の旅・その5~

H27.2.15 北信越

直江津駅のホームの屋根は
古いレールを再利用していた
直江津駅 413系

直江津駅

直江津駅


駅の北口
直江津駅


駅の南口には
いかりをモチーフにした時計がある
直江津駅

動輪も保存されている
直江津駅



直江津駅の連絡通路から
広い構内を眺める
直江津駅 115系

奥にいるのは 越乃Shu*Kura かな?
乗ってみたいな~
直江津駅 越乃Shu*Kura

ほくほく線の列車
直江津駅 HK100



今度は北越急行ほくほく線に乗るぞ!
直江津駅 HK100

イベント列車ゆめぞら号
直江津駅 HK100

直江津駅 HK100

ゆめぞら号は
遅れていた電車からの乗換客を乗せてから
十数分遅れで出発した

ゆめぞら号は
長いトンネルに入ると
音楽が流れ始め
天井に映像が映しだされた

ほくほく線は
トンネルの外より中を走っている区間のほうが
長いそうだ

車窓が見えない区間でも
こういう演出があると楽しい



にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

22:25  |  千葉県外の鉄道  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(4)

2015.02.20 (Fri)

直江津B級グルメ ~北信越3セク移管前の旅・その4~

H27.2.15 北信越

直江津駅に戻って
昼食をとった

そば用の和風つゆに中華麺を入れたものが
直江津のソウルフードとして愛されているそうだ

駅の近くにある蕎麦屋・塚田そば店へ
行ってみた
塚あ田そば店
駐車場は車で埋まっており
店内も地元の方と思われる客でにぎわっていたが
回転がはやいのでそんなに待たずに食べられた

普通のそば・うどんもあるが
中華麺 in そばつゆ (この店では「かけ中か」と呼ばれている) が
やっぱり気になる
塚田そば店


玉ねぎの天ぷらがのった
天ぷら中かを注文
塚田そば店
いくらだったか忘れたが
300円でお釣りがきた
安い!

麺はやわらかめで
立ち食いソバ風の味

激ウマってほどではないが
安くて早いし満足だ
塚田そば店
そばのかわりにラーメンの麺ってどうなのさ、
と思ってたけど違和感なく美味しくいただけました



お腹いっぱいで店をでたら
近くで踏切の警報器の音が聞こえた

ほくほく線の電車が川を渡ってくるのが見えたので
慌ててカメラを向けた
北越急行 HK100



今度はご当地和菓子を買いに
三野屋というお店へ行った
笹だんご 継続だんご

笹だんご
笹だんご
濃い笹の味が
口の中いっぱいに広がる
笹だんご

直江津名物の継続だんご
継続だんご
白餡を固めて焼いたお菓子
これも好きな味だ



にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ

テーマ : B級グルメ - ジャンル : グルメ

23:59  |  千葉県外の グルメ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)

2015.02.19 (Thu)

筒石駅 ~北信越3セク移管前の旅・その3~

H27.2.15 北信越

北陸本線・筒石駅で下車
北陸本線 筒石駅

地下鉄ではないのに
地下トンネル内に駅があるモグラ駅として
鉄道ファンに人気の駅
北陸本線 筒石駅

ホームは上り用と下り用に分かれ
千鳥式ホームになっている
北陸本線 筒石駅

上りホームから見た下りホーム
北陸本線 筒石駅

ホームと待合室を隔てる防風扉
北陸本線 筒石駅
改札はこの扉のずっと先だ

待合室側から撮影した扉
北陸本線 筒石駅
地下シェルターのような
牢獄のような
なんとも異質な空間

特急が通過するのを
ここで待ってみた

ホームでその様子を見てみたかったけど
列車通過中は危ないから
ホームに立入禁止らしい

特急が近づいてくるにつれ
ゴーゴーと強い風が
吹き荒れるようになった

強風とともに
特急は筒石駅を走り去っていった



地下ホームから地上にある駅舎まで
高低差40メートル
北陸本線 筒石駅
エレベーターはなく
階段と坂道を歩いて上らなければならない

でも日本一のモグラ駅と呼ばれる
上越線土合駅よりは楽だった

階段は段差が小さいので
かえって歩きづらい気もした


5分以上かけて地上に脱出!
北陸本線 筒石駅
1969-4、竣工した年月かな?


この駅では週末パスは利用できないので
窓口で直江津から筒石までの
往復運賃を払う

窓口にあったスタンプと
地下ホームの気温が書かれたボード
北陸本線 筒石駅
13℃、 この日はそんなに寒くなかった


簡素な駅舎
北陸本線 筒石駅

駅舎の待合室
北陸本線 筒石駅

駅ノートもあった
北陸本線 筒石駅
赤い青春18きっぷを買いに来た、とか
えちごトキめき鉄道に移管される前に来た、
などの書き込みも多い



電車の時間が近づいてきたので
階段を降りてホームへ向かう

直進すればさっき降りた上りホームへ
右折して降りれば下りホームへたどり着く
北陸本線 筒石駅

北陸本線 筒石駅

真っ青な413系に乗りこんだ
北陸本線 筒石駅 413系



にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

23:37  |  千葉県外の鉄道  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2015.02.18 (Wed)

妙高号 ~北信越3セク移管前の旅・その2~

H27.2.15 北信越

翌朝
千葉から総武線快速で東京へ向かい
長野新幹線あさまに乗り換える

スキーシーズンの日曜日だったので
ゲレンデに向かう乗客でいっぱいだった


長野駅の売店で
名物・八幡屋礒五郎の七味唐辛子を買う

長野に行くと
この唐辛子を買わずにいられない
八幡屋礒五郎
2015年の限定缶には
E2系とE7系が描かれてるよ


さあ信越本線に乗るぞ~
信越本線 妙高号 183・189系
国鉄色にテンションが上がる

妙高1号はすでにホームでスタンバイしており
たくさんのスキー客とテツを乗せていた
信越本線 妙高号 183・189系

雪がたっぷりついてる
信越本線 妙高号 183・189系

うしろにちらっと見えるのはE7系
信越本線 妙高号 183・189系

妙高のオルゴールは
だいぶくたびれていて
音が抜けたりはずれたり
鉄道唱歌を音痴に奏でていた


近くの席に
テツの親子がいた

お父さんが熱く語る鉄分が濃い話に
小さな男の子が一生懸命耳を傾けていた

まだ舌ったらずな男の子が
しろしましょーしんしょく!(広島更新色)
くびきろー!(くびき野)
と連呼する様子がかわいらしかった

奥さんはテツではなさそうだけど
邪険にせずちゃんと話に付き合ってあげてた


途中ふぶいてきて心配になったが
雪国の鉄道はこの程度で動じることなく
どんどん雪深い地域を進んでゆく

二本木で途中下車して
駅からスイッチバックの様子を眺めてみたかったけど
寒いしスケジュールもきつくなるので諦めた

二本木駅付近にて
スイッチバックしてさっき走ってきたところを
車内から眺める
二本木

北新井駅あたりで撮った風景
信越本線
一面に広がる足跡のついていない雪に
おもいっきりダイブしてみたくなる


新井駅では
妙高からくびき野に乗り換えるテツっぽい人たちを
多数目撃した


十数分遅れで
終点・直江津駅に到着

乗り換える予定だった北陸本線の電車は
発車時刻を過ぎていたが
妙高からの乗換客を待っていてくれた

乗り遅れないように
北陸本線のホームまで走って
息があがってしまった



にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

23:29  |  千葉県外の鉄道  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(4)
 | ホーム |  NEXT>>