2017-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

2012.03.17 (Sat)

ダイヤ改正…さらば久留里線タブレット

昨晩、テレビで
日本海や300系たちの引退ニュースを見た

ファンが300系に
「ありがとーっ」「おつかれさまーっ」と叫ぶ映像が流れた

私もテレビの中の300系に向かって叫んでたら
家族に白い目で見られた



千葉テレビでは
久留里線タブレット交換廃止のニュースを
伝えていた

久留里駅で
紅白のリボンで飾られたキャリアを
運転手に渡す映像が流れていた

SUPER BELL"Z の「MOTER MAN 久留里線」を聴きながら
いままでパー線を支えてきたタブレットに感謝することにしよう



ダイヤ改正によって
我がまちの駅で
ちょっぴり改善されたことがある

外房線2221Mは
安房小湊6:03発→安房鴨川6:18着だった

安房鴨川駅の内房線の始発144Mは6:13発
2221M到着の5分前にでてしまっていた

でも今回のダイヤ改正で
接続するようになった


旧天津小湊町在住で
館山へ電車通学してる子は
親に車で送ってもらわなくても
部活の朝練にでられるようになるんだね

まあ、そんな子も
ごくわずかだろうけどさ



にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

22:47  |  房総のJR  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(8)

Comment

今年の春はお別れが多いですね。

新幹線でも、小田急でも、長野電鉄でも、
十和田観光電鉄でも・・・・
久留里線はいまだ訪れていません。
いや、何度か行って写真も撮っているのですが
沿線の風景と一緒に撮って「これはいい」
と思えるものがまだ撮れてないんですよ。
やっぱ一度行かないとダメですな。
ちゃりメラマン |  2012.03.18(日) 18:26 | URL |  [編集]

今回のダイヤ改正は、色々と車両が引退する・路線が廃止するが多かったですね・・・久留里線もタブレットの引退や、秋になれば車両が全て置き換えになるので悲しいです・・・
安房鴨川 |  2012.03.18(日) 21:02 | URL |  [編集]

くるり線

くるり線の車両も新しくなるんですね。今のうちに乗っていた方がいいですね。
びゅんびゅん丸 |  2012.03.18(日) 21:18 | URL |  [編集]

ちゃりメラマンさんへ

列車の引退もさびしいけど
路線そのものがなくなるのは
もっと辛いですねe-259

久留里線の車両たちも
引退の日が近づいています
早めに会いに行ってあげてくださいね

ちゃりメラマンさんの これぞ!という一枚を
ブログで見る日が待ち遠しいですv-22
いな穂※ |  2012.03.19(月) 23:51 | URL |  [編集]

安房鴨川さんへ

この春は辛い別れが
多くなってしまいましたねe-260

久留里線にステンレスの新車が走るなんて
想像できないなあe-263

タブレット交換も好きだったのに…
いな穂※ |  2012.03.19(月) 23:54 | URL |  [編集]

びゅんびゅん丸さんへ

どうもお久しぶりですe-257

久留里線の古い車両たち
悔いの残らぬように
たくさん乗って撮って楽しみたいですねe-420
いな穂※ |  2012.03.20(火) 00:00 | URL |  [編集]

ダイヤ改悪?

僕が300系にはじめて乗ったのは和歌山に居る鉄を訪ねた帰り、新大阪から東京まで乗車しました。しかもトップナンバー!(ひかり238号)あれから早20年引退してもおかしくないですよね。お疲れ様でした。
201系四季彩号 |  2012.03.20(火) 17:23 | URL |  [編集]

201系四季彩号さんへ

トップナンバーe-69いいな~
私は300系に一度も乗ったことないんですe-259
テツ暦が短いから仕方ないんだけど、残念です
いな穂※ |  2012.03.21(水) 00:29 | URL |  [編集]

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://235awakamogawa.blog.fc2.com/tb.php/154-1afe640a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |